なみよせブログ

名古屋で腰痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「足三里」(あしさんり)について

場所は、膝の外側で、お皿の下から指4本分下がったところです。

効能は、
〇腹痛、下痢、便秘
〇嘔吐、胃腸の不調、胸やけ
〇膝痛、足のしびれ
〇歯痛、歯槽膿漏 等など

昔、俳人、松尾芭蕉も「足三里」に灸をすえて、奥の細道を旅したといわれています。
『ここにお灸をすえたらあと三里(約12㎞)歩ける、、』なんて言われてたみたいです。
足三里にお灸をすえると足が軽くなります。

ツボの押し方の基本は、息を吐きながら、心地のよい痛みを感じる程度の強さで、3秒間くらいかけて徐々に圧迫し、息を鼻から吸いながら、3秒間欠けて圧力を抜く。これがとても心地よいと思います。

足三里への圧迫・お灸の刺激は、体を元気にする上で、とても効果的です。胃腸のツボは元気なツボでもあります!是非使ってみてください。

image