なみよせブログ

名古屋でむちうち、神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。むちうち、神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の西区、北区、中村区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「経絡(けいらく)」について書きます。
皮膚に近い部分を通っている経絡のところどころには経穴(けいけつ)とよばれるツボがあります。経穴を通じて気が身体の内外を行き来します。鍼や灸の治療は経穴を使って行われます。経絡内で気や血の流れが滞っているとき、経穴を刺激することで、その刺激が経絡に伝わり、気や血の流れを改善します。単に皮膚の上から経絡を刺激するのではなく、経穴を通すことで、より刺激が伝わりやすくなります。
臓腑の変調があるとつながっている経絡上の経穴に異常があらわれます。その経穴を刺激することで、経絡の中の気や血が動き、臓腑に伝わることで、臓腑が活性化し、自然に回復していきます。

image