なみよせブログ

名古屋で寝違え、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。寝違え、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「経絡(けいらく)」について書きます。
経絡には「経脈」と「絡脈」があります。
経脈は太い枝で身体の縦方向に走行し、絡脈は経脈から分かれた細い枝で、身体の横方向に走行し、網の目状にはりめぐらされています。
主な経脈として、六臓六腑とつながる左右12対の正経十二経脈と、経脈をまとめたり気血のバランスをとる8本の奇経八脈があります。
正経十二経脈は、それぞれ特定の臓腑に属していて、肝経、心経、脾経、肺経、腎経、心包経、胆経、小腸経、胃経、大腸経、膀胱経、三焦経からなり、各々が次の経脈と連絡することで全体がつながって身体を循環しています。

image