なみよせブログ

名古屋で耳鳴り、頭痛の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。耳鳴り、偏頭痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の瑞穂区、千種区、東区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「復溜」(ふくりゅう)について

場所は、内くるぶしの最も高いところから、指3本分上がったところです。

効能は、
〇冷え性、便秘、食欲不振
〇花粉症、鼻炎、風邪
〇不眠、ストレス、むくみ
〇更年期障害、月経異常 等など

復溜は、女性の場合、冷えて下腹部が張るといったような症状があるときに用いると効果があります。
月経痛がひどい場合や冷え症の治療に効果的です。

また、このような婦人病に効くことから、不妊症の治療にも用いられます。耳の痛みや、歯の痛みなどをやわらげる効果もあります。

水分を体外に出す働きをする腎臓のツボです。顔や足のむくみ、精力の衰えや冷え性の緩和にも効果があります。

夏は足首を出す機会が増えると思います。冷房で冷えてしまった時には、復溜を温めて体の調子を整えましょう!!

image

名古屋で腰痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。不妊、逆子の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の中区、昭和区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「足三里」(あしさんり)について

場所は、膝の外側で、お皿の下から指4本分下がったところです。

効能は、
〇腹痛、下痢、便秘
〇嘔吐、胃腸の不調、胸やけ
〇膝痛、足のしびれ
〇歯痛、歯槽膿漏 等など

昔、俳人、松尾芭蕉も「足三里」に灸をすえて、奥の細道を旅したといわれています。
『ここにお灸をすえたらあと三里(約12㎞)歩ける、、』なんて言われてたみたいです。
足三里にお灸をすえると足が軽くなります。

ツボの押し方の基本は、息を吐きながら、心地のよい痛みを感じる程度の強さで、3秒間くらいかけて徐々に圧迫し、息を鼻から吸いながら、3秒間欠けて圧力を抜く。これがとても心地よいと思います。

足三里への圧迫・お灸の刺激は、体を元気にする上で、とても効果的です。胃腸のツボは元気なツボでもあります!是非使ってみてください。

image

名古屋でむちうち、神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。むちうち、神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の西区、北区、中村区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「経絡(けいらく)」について書きます。
皮膚に近い部分を通っている経絡のところどころには経穴(けいけつ)とよばれるツボがあります。経穴を通じて気が身体の内外を行き来します。鍼や灸の治療は経穴を使って行われます。経絡内で気や血の流れが滞っているとき、経穴を刺激することで、その刺激が経絡に伝わり、気や血の流れを改善します。単に皮膚の上から経絡を刺激するのではなく、経穴を通すことで、より刺激が伝わりやすくなります。
臓腑の変調があるとつながっている経絡上の経穴に異常があらわれます。その経穴を刺激することで、経絡の中の気や血が動き、臓腑に伝わることで、臓腑が活性化し、自然に回復していきます。

image

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。
今日は圧迫骨折について。高齢者の方に多い骨折です。骨粗鬆症などによって骨が弱くなると頻繁する骨折の種類です。閉経後の女性に比較的多く閉経後は骨粗鬆症になりやすい為中高年の女性に多く見られます。
症状は疼痛と腫張です。
主に脊椎に多く見られる骨折です。背骨を構成する椎骨が上下に押し潰さる様に変形してしまう骨折です。
中腰で重い物を持ったり、くしゃみ、尻餅などでも骨粗鬆症だと圧迫骨折のきっかけになります。
治療は基本的に保存療法です。30日位のコルセットの固定が有効です。2週間から1月位で骨が形成されてきますから痛みがかなり緩和します。
マッサージ、はり灸治療の適応症です。膝裏の真ん中の委中。ウエストのラインで背骨から左右外側の大腸兪、大腸兪の指の幅三本分の腎兪、膝の内側の窪みの
曲泉、痛みの周辺で筋肉が固くなっている所の鍼治療が効果的ですね。

image

名古屋で 半月板損傷、肉離れ なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
O脚矯正、部分痩せが得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今回も「むくみ」に効果的なリフレクソロジーについて、よくある疑問や質問についての続きを紹介したいと思います。

Q.5
リフレクソロジーは、いつ、どれくらいの頻度で行えば良い?
A. お風呂上がりなど、リラックスしているときに、毎日、短時間行うことがオススメ。

リフレクソロジーは自己免疫力を高めるものなので、健康な状態の時でも、短時間ずつ続けることで、その効果を得ることができます。行う時間は、お風呂上がりや足浴したあとなど、体の緊張がほぐれているときがベスト。あまり深く考えずに、お風呂に入っているときや、ちょっと時間が空いたときに、毎日短時間行ってOKです。
ただし、プロのリフレクソロジストによるトリートメントを受けた場合は、次に受けるまで、3日は間を空けましょう。その時間をもうけることで、さらに自然治癒力を高めることができます。

Q6.
リフレクソロジーに副作用はあるんですか?
A.トリートメント・リアクションという症状が出る場合があります。
トリートメント・リアクションとは、プロのリフレクソロジストのフルトリートメントを受けたあとに出る「だるい、眠い」といった脱力感のような症状のこと。人によっては「微熱が出る、頭痛がする、軟便になる」などの症状が出る場合もあります。これは、リフレクソロジーを行ったあと、血液やリンパの流れが良くなったり、精神的にリラックスしたことで起こること、体が良い状態に向かうときの反動のようなものなので、半日~1日でおさまります。

今回はここまで次回も続きを紹介します。

当院では足を出す機会の多い夏場に、足のむくみや疲れに効果的な「リンパマッサージ」や「足裏マッサージ」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚のむくみも疲れもスッキリさせて夏を楽しみましょう!

興味がある方はぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

image