なみよせブログ

名古屋でスポーツ外傷、半月板損傷の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日はオスグッドについてかきます。

症状、原因

オスグッド病はオーバーユースによる成長期のスポーツ障害の代表疾患で、古くから報告されています。成長期は急激に身長が増加しますので骨も急成長を遂げますが、残念ながら筋や腱などの軟部組織は同様には成長しません。よって、相対的に硬い身体になってしまう時期でもあります。そのために生じる大腿四頭筋の柔軟性低下(いわゆる筋肉が硬い)を契機に、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による牽引力が脛骨結節部に加わります。成長期の脛骨結節部には骨が成長するために必要な骨端核が存在していますが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害されます。これがオスグッド病です。

スポーツ動作全般で発生しますが、特にジャンプ動作での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作で起こりやすく、膝蓋骨下方にある脛骨結節部に限局した疼痛と強い圧痛が主症状です。局所の熱感や腫張、骨性の隆起(写真1)が認められます。時に両側に発生します。  ジャンプ時の疼痛が原因でジャンプ力が低下したり、ダッシュ時の疼痛でタイムが低下したりするなど、スポーツ能力の低下に直結しますが、急性外傷(突発的ケガ)ではないためにスポーツ休止の判断が難しく、現場では疼痛を抱えながらもスポーツ活動を継続している例を散見します。

好発スポーツは

陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、動作ではジャンプ、ダッシュ、キック、フルスクワットなどで好発します。“うさぎ跳び”がトレーニング界で死語となった背景には、本症の発生率が高かったことがあると思われます。

治療

応急処置はアイシングが最も有効です。疼痛には消炎鎮痛薬(外用内服)や(極)超音波、低周波などの物理療法なども効果がみられます。予防には大腿四頭筋のストレッチングが不可欠で、オスグッド用の膝サポーターも有用です。まれに骨片摘出術を行います。

予防

大腿四頭筋のストレッチは良くなってからも続ける!
マッサージや鍼などで筋肉を柔軟にしておく。

このような症状が当てはまる方、お子様がこのような症状を訴えてる方は是非、名古屋熱田区なみよせ鍼灸接骨院へお問い合わせください。

image