なみよせブログ

名古屋で片頭痛、顎関節症の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。猫背矯正、鍼灸の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の守山区、天白区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「内関」(ないかん)について

場所は、手のひらを上にして手首を曲げてできるシワのところから指3本置いたところです。

効能は、
〇乗り物酔い
〇胃のムカムカ、胃痛
〇心の悩み、動悸
〇つわり、妊娠初期のリラックス効果

内関は、乗り物酔いの予防で有名なツボです。他にも、胃に関係があり、消化器系にも効果的です。

遊園地に行ったとき、長時間のバス移動など、乗り物酔いしやすい方は、予防として是非使ってみてください!

image

名古屋で神経痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。骨盤矯正、腰痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の瑞穂区、南区、港区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは!林田恵美子です。

今日のツボは「委中」(いちゅう)について

場所は、膝裏のシワの中央にあります。触れると脈の拍動を感じます。

効能は、
〇腰痛、背中の痛み
〇坐骨神経痛、足のしびれ
〇膝痛
〇足のむくみ

東洋医学でも委中は「腰背は委中に求む」と言われており、腰痛の症状をやわらげるのに効果があります。
それに、委中の場所がリンパが溜まりやすい場所であるため、足のむくみにも効果的です。

お風呂で親指の腹を使って痛気持ちいいくらい刺激すると効果的です!
是非お試しください!

image

名古屋で肩こり、ぎっくり腰の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。肩こり、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東海市、日進市、岡崎市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「五行説(ごぎょうせつ)」について書きます。
陰陽論とともに東洋医学の基本的な概念を構成するものとして五行説があります。
これは自然宇宙に存在する全てのものを木・火・土・金・水の5つの要素に分け、それぞれの性質にあてはめる考え方で、陰陽論と結びつけて陰陽五行説とも言います。
五臓もその1つで、肝・心・脾・肺・腎はそれぞれ木・火・土・金・水に分けられます。5つの要素が互いに影響し合いながらバランスを保っています。

image

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。眼精疲労、外反母趾、花粉症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です

今日は神経症の話です。
精神的な疾患の事です。目眩や動悸、電車、飛行機など乗り物で症状がでてしまう乗り物恐怖症、突然呼吸が速くなる過呼吸症候群などは神経症に入ります。閉所恐怖症も神経症ですね。
原因としては心理的ストレスです。悩み事や精神的なショック、過度なストレスが日常的な原因ですね。
日々のストレスの蓄積により徐々に発症していく場合が多いようです。また男性より感受性の高い女性の方が患者数は多いです。
冷え症の人はかかりやすいかも。血行が悪いと免疫力が低下する為ですが免疫力をあげ、体質改善が望まれます。
鍼灸治療では手のひらの中央の労宮。膝から指4本分下の足三里。肘を曲げ肘の内側に出来るシワの先端の曲池。首の中央ね太い筋肉の両側の髪の際の天柱などのツボが効果的です。

image

名古屋で 自律神経の乱れ、安産 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
外反母趾、不妊治療 が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日も春の食養生第3弾。今日は「わかめ」です。

▼適応症
冷え症, 便秘, 花粉症・鼻炎, 風邪, 二日酔い, ストレス, 不眠, 疲れ, 肩こり, 神経痛, 関節痛, 咳, 下痢, 頭痛, 腰痛, 高血圧, ニキビ, めまい, 更年期障害, むくみ, 抜け毛, 月経異常, 食欲不振, うつ、 夏バテ, 痛風, 風疹, インフルエンザ, 熱中症, 産後の肥立ち, 不妊症・不育症, 認知症, 嘔吐・悪心, 腹痛, 口内炎, 耳痛, 難聴, のど痛, シミ・肌荒れ, 胃痛, 排尿痛, 夜間尿, 残尿感, 頻尿, 妊婦の風邪, 神経症, 眼精疲労, 肥満, 胸痛, 動悸, 耳鳴り, 手足の冷感,しゃっくり, かゆみ,

▼注意するポイント
身体を冷やす作用はありますが、寒性より作用が穏やかです。そのため、気虚・寒タイプの人は注意が必要です。身体が冷えると胃腸が冷えることにつながり、胃腸の機能を低下させてしまいます。胃腸の機能が低下すると気を作り出すことができなくなってしまい、下焦の虚を悪化させます。
また、身体が冷えると気・血・水の巡りが悪くなります。冷えを感じやすい人は注意が必要です。体内の水を排泄する作用もあります。

▼食べる時のアドバイス
身体を冷やす作用があるため「加熱する、煮込み/スープ/鍋等の温かい状態で食べる料理法にする、量を減らす、身体を温める食材と組み合わせる、旬の時期のみに食す、天気の良い日の昼間に食す」のがポイントです。
また、水を排泄する作用があるため亡津液タイプの人は食べる量を減らしましょう。

栄養豊富な「わかめ」には効能がたくさんあります。
4月のブログで紹介した「あさり」、「筍(たけのこ)」、「わかめ」を使い、「あさりと筍のサッと煮」という料理を作ってみました。
皆さんも旬なものを食べて元気になりましょう!

image