なみよせブログ

熱田区で 膝痛、安産 なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
ダイエット、鍼灸治療が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。花粉症の薬で逆に体調を崩しかけている岩瀬 康典です。

今日も「肥満」に対する食養生と漢方について紹介です。

▲痰湿証による肥満(脂肪太り、実証性) … 赤ら顔の固太りタイプ

主症状: 肥満(全体に太っている)、肌肉にはりがある

随伴症状: 食欲亢進、暑がり、多汗、顔面紅潮、おなかのはり、便秘食べ過ぎによる肥満です。もともとは、消化・吸収もよくて、代謝も悪くない。ただ、摂取量が多すぎる。しかも、甘いもの、あぶらっこいもの、味の濃いものをよく食べる。長期的にそんな状態が続いたために、脾の機能が失調して、痰湿がたまってしまったもの。防風通聖散 が効くのはこのタイプです。

長期的に痰湿がたまっていると、熱化しやすいので、からだの中は陽に傾いています。そのため、暑がりで、汗をかきやすく、赤ら顔。もともと脾胃は丈夫なので、食欲があるところに、熱が加わって、さらに食欲が亢進。ますます太るという図式です。

▲食養生:体が陽に傾いていて、熱があるので、寒涼性の食べ物(トマト、なす、きゅうり、西瓜、バナナ、蟹、そば、はと麦、緑豆)や生野菜を食べると良いとされます。

なみよせ鍼灸接骨院では美容関係の治療メニューも受けられます!興味のある方はぜひお越し下さい!

image