なみよせブログ

熱田区で痔の治療、自律神経の乱れ なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
冷え性、腰痛が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日は「便秘」と前回紹介した「大豆」についてです。

漢方医学において便秘は、力まないと便が出ないタイプの気虚証(ききょしょう)、下痢と便秘を繰り返すタイプの気虚・寒証(ききょ・かんしょう)、お腹が張りガスが多いタイプの気うつ・気滞証(きうつ・きたいしょう)、硬くてコロコロの便が出るタイプの亡津液証(ぼうしんえきしょう)、といったタイプに分けられます。
各タイプに合わせて体質改善に取り組みましょう。

以下ニュースからの引用
「食べると体に良い大豆製品5つの紹介です。
■きな粉
食物繊維が豊富で、ヨーグルトと一緒に食べると、便秘解消が期待できます。
■豆乳
豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをし、生理不順を治すことが期待できます。
■絹豆腐
木綿豆腐よりも大豆が多くふくまれているとされています。
■納豆
腸の内容物を柔らかくするマグネシウムが含まれています。
■味噌
肌のシミを防いでくれます。」

【参照:漢方デスク https://kampodesk.com/】
【引用:livedoor NEWS「体が生まれ変わる5つの大豆製品」】

image