なみよせブログ

名古屋市熱田区で頭痛、肩凝りの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、むちうちの治療が得意な名古屋市熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちわ。
日掛秀樹です!

今日はメニエールについてかきます。

メニエール病とはなにか?

めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害がおおいですがたまに両方もあります。

原因は?

内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると内リンパ水腫になりますが、この状態が特にメニエール病が起こると考えられています。しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては解明されていないです。
多くはストレスがこの病気の発症に関係しているといわれています。

症状はどんなのか?
何の誘引もなく突然、回転性のめまいが起こり、めまいと同時、あるいはめまいの少し前から、片耳に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴が起こります。
 めまいを繰り返す間隔は人によって違い、数日、数週間、数カ月、あるいは1年に1回などさまざまです。
 激しいめまいは、普通30分くらいから数時間続き、めまいの軽快とともに耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり消失したりします。しかし、めまいを何回も繰り返しているうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴は軽快しないようになります。
 めまいが激しい時は、これらの症状以外にも吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸などが起こり、かえってこれらのほうが苦しいことも!

治療方法は?

薬による治療が主に行われ、めまいを軽くする抗めまい薬や、内リンパ水腫を軽減する薬が使用されます。
 しかし、メニエール病は難病に指定されている病気で、完全に治すことが困難な場合も少なくありません。薬や鍼などでめまい発作の回数を減らしたり、軽くしたりすることはできますが、難聴の進行は薬では防げないことがあります。めまいがあまりにも頻繁に起こって仕事ができないようならばなみよせ鍼灸接骨院にて鍼治療、手技療法をお勧めします。
めまい、メニエールの治療はなみよせ鍼灸接骨院へ

image