なみよせブログ

名古屋市熱田区で神経痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。寝違え、ぎっくり腰の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は東洋医学における「心(しん)」について書きます。心は身体のすみずみに血(けつ)を送り出すポンプの役割を担います。また、思考や記憶、精神の状態も心がつかさどります。心が正常に働かないと、そわそわして落ち着かなかったり、物忘れが増えたりします。心は汗、顔、舌とも関係が強く、心の状態によって汗の出方、顔色、舌の状態や色が変わってきます。心の状態が良くないと顔色や舌の色も悪くなります。味覚や発語の異常が起きたり、理由もなく汗をかいたり、夜になっても落ち着かずに不眠になる場合もあります。これらのサインを見逃さないようにしましょう。

先日、「人生の約束」という映画を観に初めて名駅のピカデリーに行きました。どこかノスタルジックな空間が都会の喧騒を忘れさせてくれました。昔のピカデリーも行ってみたかったですね。

201601140719

201601140719